妊婦のカンジタ膣炎

フェミプロバイオはカンジダ膣炎の再発を防ぐデーデルライン桿菌サプリメント

妊婦はカンジタ膣炎になりやすい

妊娠していると、妊娠していない時よりも、カンジタ膣炎になってしまうリスクが高いそうですね。

その原因は、ホルモンバランスの変化。なんでも、ホルモンバランスが変化すると、膣内の環境が酸性からアルカリ性に変化しやすく、そのアルカリ性はカンジタ菌にとって、増殖できる恰好の環境だからだそうです。

そのため、妊娠を真剣に考えている人は、妊娠する前にカンジタ膣炎はしっかり治しておく必要があるとのことでした。

それでもカンジタ膣炎を発症してしまって、そのまま出産を迎えるとなると、今度は赤ちゃんの方に影響が出るかもしれません。奇形や障害など重篤なものではないのですが、カンジタ菌が増殖している産道を通って生まれてくることで、生まれた時からカンジタ皮膚炎を患っている危険性があるんです。

母体だけに留まらず、生まれてくる赤ちゃんにまで悪影響が出るとなると、命にかかわることではないとは言えやっぱり嫌ですね。私も将来、妊娠を考えるようになった時は、カンジタ膣炎にも十分注意しようと思います。