カンジタ膣炎

フェミプロバイオはカンジダ膣炎の再発を防ぐデーデルライン桿菌サプリメント

カンジタ膣炎は人にうつる? 

カンジタ膣炎になるのは、大抵疲れている時とか体調を崩した時ですよね。

私もこの前風邪をひいたのですが、その時に軽くカンジタ膣炎の症状も出ました。要は、免疫が落ちた時が危ないんですね。しかも、外部からカンジタ菌をもらうならまだしも、常に体内にいて免疫が落ちた瞬間を狙って増殖してカンジタを発症させるんですから、改めて考えると本当に厄介だなって思います。

さて、そのカンジタ膣炎ですが、僅かですが人にうつす場合もあるみたいです。

それは、性交渉をした際に、相手方の女性器内でカンジタ菌が増殖していた時。そうなった女性器に男性器を挿入すれば、当然カンジタ菌も付着しますよね。そして、性交渉の後の入浴で性器の洗浄が十分でないと、そのままカンジタになってしまう、という流れだそうです。

つまり、人にうつるとすると、性交渉時でかつ女性から男性に限られるんですね。となると、女性は免疫が落ちて、カンジタ膣炎を発症しているとまではいかなくとも、性器内でカンジタ菌が増殖している恐れがある時は、性交渉を控えた方が良さそうですね。