赤ちゃんのカンジタ

フェミプロバイオはカンジダ膣炎の再発を防ぐデーデルライン桿菌サプリメント

カンジタは赤ちゃんにうつる?

カンジタは発症しても、別に治療せずに放置でも自然に治癒する病気なので、大した病気ではないと思っていたのですが、妊婦さんともなると話が別みたいですね。

そもそも、妊婦さんは平時に比べホルモンバランスが変化しているため、カンジタを発症しやすいそうです。しかし、本当に心配しなければいけないことは別にあります。

それは、赤ちゃんへの感染。カンジタが、赤ちゃんにうつってしまう危険性があるんです。

なんでも、出産の時に、膣がカンジタに侵されたまま、又はカンジタが発症するまでとはいかなくてもカンジタ菌が増殖した状態だと、そこを産道として生まれてくる赤ちゃんにカンジタ菌が感染してしまい、カンジタ皮膚炎を生まれながらに患ってしまうこともあるのだとか。

カンジタ皮膚炎は別に命にかかわる病気ではなく、治療すればすぐに治るものですけど、できれば生まれてくる赤ちゃんにそんな負担はかけたくないですよね。私の友達にも1人妊婦さんがいるので、カンジタには注意するよう教えてあげようと思います。